全国のシニア劇団の連絡先となり、活動を広く世間に知らせていくための組織です
全国シニア演劇大会のジュニア審査員募集

全国シニア演劇大会のジュニア審査員募集

全国シニア演劇大会inTOKYO(豊島区・豊島区教育委員会後援)で
審査員をしてくださる15~25歳の若者を募集しています。

2011年から続いている全国シニア演劇大会という高齢者の演劇祭があります。2015年の仙台大会、2017年の福岡大会で、若い世代の方々に審査員をお願いし、講評をいただいたことが、その後の活動の励みになりました。5回目の今回は東京都豊島区の東池袋駅目の前にある「あうるすぽっと」で開催します。最高年齢92歳。仙台、埼玉、大阪、愛知、島根、福岡のほか、東京島嶼部である大島と八丈島からも、シニア劇団がやってきます。
コロナで一年延期しましたが、上演することを目標に各劇団が各地で稽古に励んできました。TOKYOTOKYOFestivalの助成プログラムにもなっている当大会で、シニア世代と、演劇を通して交流してみたいという若者を募集しています!演劇経験の有無は問いません。ご興味のある方は、ぜひ挑戦してみてください!

(観劇は、劇場での観劇か、配信による観劇をお選びいただけます)

【概要】 6月18日から20日まで行われる12演目を観劇、審査していただきます。
結果は6月20日の閉会式で発表していただきます。
なお、本大会の条件は、仕込み、本編、バラシ含めて90分以内であることです。
【大会テーマ】 「若いあなたに伝えたい!」
【募集人数】 8人
【大会期間】 2021年6月18日(金)~20日(日)
※タイムスケジュールはチラシまたは大会概要ページをご覧ください。
※学校などでスケジュールが合わない場合は配信での観劇も可能です。
最終日である20日は閉会式が終了する18時半まで。
【会場】 舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京都豊島区)
【謝礼】 図書カード5000円分

【備考】 審査員は他分野専門審査員3名もおります。
・枝元なほみさん(料理研究家)
・早川千絵さん(映画監督)
・堀内浩一郎さん(元演劇記者) 五十音順

【公募から本番までの流れ】

公募申込

申込〆切 5月31日(月)
申し込み方法 下記の応募用紙の内容をメールか郵送でお送りください。
応募先

NPO法人シニア演劇ネットワーク

メール:info@s-engeki.net
※件名を「ジュニア審査員応募」としてください。
このメールアドレスを受信できるようにしてください。
郵送先:〒160-0007 新宿区荒木13HANT四谷地下1階
NPO法人シニア演劇ネットワーク宛

選考

事務局にて、年齢、学年、性別が分散するように配慮しながら選考させていただきます。先着順ではありません。

オリエンテーション

会場説明会か、ZOOMによるオンライン説明会かをお選びください。
 
会場説明会:6月6日(日)13時~
ZOOM説明会:6月7日(月)18時半~

本番の観劇

会場観劇か、オンラインかを選べます。
必ず20日17時10分までに見終えてください。

審査ミーティング

審査員8人で評価をまとめていただきます。

閉会式での講評

閉会式で、各公演への講評を分担でお願いいたします。
(閉会式6月20日17時45分~19時)